SPサイト

会社概要(ネットワーク)

会社概要

社名 株式会社マルヨシセンター
設立 1961年3月
本店の所在地 香川県高松市国分寺町国分367-1
資本金 1,077,998千円
事業内容 スーパーマーケットおよびレストラン
店舗数 スーパーマーケット35店舗
レストラン1店舗
従業員数 409名
(ほか、パートタイマー1,109名[8時間換算])
役員 代表取締役社長 CEO 佐竹 克彦
取締役副社長 COO 加藤 宏道
常務取締役 CFO 小笠原 將仁
常務取締役 CMO 伊藤 雅久
取締役 寺本 智広
取締役 大下 秀樹
常任監査役 大西 敏広
監査役 川東 祥次
監査役 三宅 康夫

(2022年5月26日現在)

加工センター

先進の設備と調理技術を持った専門家がいる


フレッシュデポ綾上事業所

とうふ、こんにゃく、練製品の製造、お肉、お魚の加工及び配送を行っています。


フレッシュデポ宇多津事業所

うどん、そば、ぎょうざ、お惣菜、寿司、剣山の天然水などの製造及び配送を行っています。

「原料調達から販売まで」という物流合理化の一貫システムを掲げる当社の基幹と して稼働する、 フレッシュデポ宇多津事業所とフレッシュデポ綾上事業所。自社の生産工場であり、多彩な機能を兼ね備えた生産基地として、それぞれ大きな役割を担っています。

“健康とおいしさ”そしてもっと良い商品をお届け したい。そのために当社は自社工場を設け、自社製 品の製造・開発に取り組んでいます。天然水、麺類、お惣菜、冷凍食品、レトルト食品などを製造しているフレッシュデポ宇多津事業所。この生産・製造ラインでは、当社の誇りともいえる「剣山の天然水」をはじめ、「讃岐産こしひかり」など厳選した材料を使用しています。 さらに、セラミックによる遠赤外線を利用した「焼きライン」、ガス釜を利用した「炊飯ライン」など、加工方法にもこだわり、味の向上を実現しました。

また、最近の食生活の傾向としてお惣菜メニューの需要が高まっていますが、お客さまに新しい味わいを提供できるよう、お惣菜アイテムの開発にも力を注いでいます。 一方、97年5月に新拠点としてスタートしたフレッシュデポ綾上事業所では、豆腐、こんにゃく、油あげなどのデイリー商品を加工。徹底した品質管理のもと最新設備を駆使し、フレッシュデポ宇多津事業所に続く第2の製造基地として効率的に機能しています。

宇多津・ 綾上の両フレッシュデポ事業所ともに“健康とおいしさ”を重視、 無農薬・無添加の素材、商品ごとの適切な水の使用、 製造方法のこだわり等、細やかな配慮がなされ、統制のとれたラインで多種類の製品を効率的に製造。 一括して生産することによって確実な品質管理が可能となり、全店舗に安定した味をお届けしています。 受発注システムに関しては、両フレッシュデポ事業所と各店舗 をオンラインのネットワークで結び、店頭の販売状況に応じて過不足のない製造管理を図り、コストダウンとスムーズな提供を心がけています。

レストラン事業部

“食”を通じて生まれるコミュニティ空間。マルヨシセンターでは、さまざまな生活シーンにあうチャンネルを整え、新しい食文化を提案しています。

エンターテイメントレストラン MIKAYLA

サンポート高松に、新感覚のエンターテイメントレストラン『MIKAYLA』がオープン!。週末にはバンド演奏などのイベントを用意、絶好のロケーションから美しい瀬戸内海を満喫してください。